HOME > 体験エリア紹介

体験エリア紹介

青海島エリア

  • 実施主体
    青海島共和国
  • 主な活動
    魚のさばき方体験、ホームステイ受入、高山ハイキング、野菜収穫体験、稲刈り体験
  • 地域の特徴
    北長門海岸国定公園の代表的景勝地である青海島は、別名海上アルプスと呼ばれ年間およそ30万人の観光客が訪れます。島内には3つの地域(青海、大泊、大日比)があり、各々農業や漁業を中心に生活しています。
  • 地域の観光資源
    高山オートキャンプ場、波の橋立、海上アルプス青海島、夏みかん原樹、王子山公園、青海島小学校(廃校)

青海島エリアの体験プログラム青海島エリアをさらに詳しく知る


通エリア

  • 実施主体
    通鯨・ツーリズム推進協議会
  • 主な活動
    通なんでも市、ホームステイ受入、通くじらまつり(古式捕鯨の実演)、ボランティアガイドによるくじらの史跡巡り、くじら唄の伝承等
  • 地域の特徴
    通(かよい)地域は、江戸時代から明治の終わりまで長州・北浦捕鯨の基地として栄えた地域で、地域内には「くじら文化」に関する多くの史跡や重要文化財が残されています。
  • 地域の観光資源
    くじら資料館、くじら文化通り(鯨墓、早川家)、くじら唄、通くじらまつり、漁村風景

通エリアの体験プログラム通エリアをさらに詳しく知る


俵山エリア

  • 実施主体
    NPO法人 ゆうゆうグリーン・俵山
  • 主な活動
    そば打ち体験、炭焼き体験、自然薯収穫体験、つるし柿体験、ホタル祭り開催、インターン学生受入、サツマイモのオーナー制度等
  • 地域の特徴
    俵山地域は、緑豊かな農村地域で人々との交流を通じた余暇活動であるグリーンツーリズムの取り組みを推進しています。
    本物の農家の方の指導による農業体験ができます。
  • 地域の観光資源
    俵山温泉、麻羅観音、ホタル乱舞、しゃくなげ園、俵山女歌舞伎

俵山エリアの体験プログラム俵山エリアをさらに詳しく知る