HOME > 体験エリア紹介 > 青海島エリア

青海島エリア

体験エリア一覧  青海島エリア  通エリア  俵山エリア

青海島(仙崎)エリア青海島の写真

北長門海岸国定公園の中心に位置する青海島は周囲40kmで、別名『海上アルプス』と称され大自然が削り上げた洞門や断崖絶壁・石柱など数多くの奇岩・怪岩などの芸術作品が多く、まさにスケールの大きい自然美術館と言えます。
また、日本を代表する日本画家・東山魁夷画伯は、昭和43年に完成した皇居宮殿・長和殿波の間に青海島の風景をモデルにしたといわれる縦約3.8メートル、横約14.3メートルの大壁画を制作しました。「朝明けの潮」と名付けられたその絵は、青海島の瀬叢がモチーフになっており、画伯はこの絵の制作にあたり、日本の海のイメージを求めて1年間をかけて全国の海を回ったそうです。その2年後の昭和46年から奈良唐招提寺にある襖絵「濤声」の制作を始めましたが、日本の海の集大成だといわれるその絵にも青海島の風景が見られます。画伯にとって日本の海のイメージは青海島であったのかもしれません。


青海島共和国 スキューバダイビング
青海島共和国 スキューバダイビング
青海島キャンプ場 青海島の夕焼け
青海島キャンプ場 青海島の夕焼け

モデルコースプログラム 魚のさばき方体験 自ら魚を料理することを通じて、自然の大切さと厳しさを学ぶ。体験エリア:長門市仙崎 体験カテゴリ:食体験
魚のさばき方体験長門市青海島は、北長門海岸国定公園の代表的な景勝地で、風光明媚な海岸線が続き、別名海上アルプスとも呼ばれる自然豊かな島です。舞台となるのは、廃校となった旧青海島小学校のノスタルジックな校舎!仙崎地区では、この校舎を中心に、島の生活や文化に触れたり、島の人たちと心通わせる体験プログラムを提供しています。中でも人気なのが、地元で獲れた新鮮な魚を三枚におろす魚のさばき方体験。食材はもちろんその日のうちに獲れた地元の新鮮な魚を使用し、魚をさばいた後は刺身・塩焼きなどを堪能できます。自分でさばいたお刺身の味はまた格別です。




モデルコースの詳細を見る 他のモデルコースを見る

体験エリア一覧  青海島エリア  通エリア  俵山エリア