HOME > 長門の食を知る

長門の食を知る

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 長門の食を知る
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
長門の食を知る北長門旅情

長門の食を知る

  仙崎イカ   長州ながと和牛   焼き鳥  
  本州の最西北端に位置する山口県。その山口県の山陰側、北浦と呼ばれるところに「仙崎」はあります。ここは入り組んだ地形と激しい潮流がぶつかりあう日本でも屈指の漁場。その激しい潮流にもまれて身の引き締まった「仙崎イカ」。活きがよいイカはその鮮度ゆえに透明。ほんとうにおいしいイカを味わってください。   年間を通じて温暖な気候で育った肥育牛は、肉質もよく、関西市場を中心に出荷され高い評価を受けています。長門が誇る「長州ながと和牛」をぜひ味わってみてください。   長門市は人口1万人あたりの焼き鳥店舗数が日本トップクラスのまちです。「世界一長いやきとり」づくりにもチャレンジしていました。 新しい長門市の名産品の味をご堪能ください。  


  仙崎蒲鉾   長州黒かしわ   長門ゆずきち  
  好漁場である長門の海。新鮮な海の幸が豊富に集まる山陰屈指の魚市場。北浦の水産の粋を極めた一つの食文化のカタチ、それが焼きぬきかまぼこ。

今では炭火の代わりに遠赤外線を使いますが、杉板の裏からすり身を加熱する製法は変わっていません。 今も昔も焼きぬきかまぼこが代名詞の仙崎かまぼこ。

伝統的な原料魚である地物のエソ・グチに加えて、昭和30年代のスケソウダラ冷凍スリ身の出現で大量生産が可能になり、現在では近代設備の工場で遠赤外線を使って焼いています。
  天然記念物「黒柏鶏」を肉用鶏として改良した山口県産の地鶏で、脂肪が少ないがうまみがあり、適度な歯応えを残しながらも柔らかいのが特徴です。   長門市は、「長門ゆずきち」の県内最大の産地です。「長門ゆずきち」は爽やかな香りとまろやかな酸味が特徴で、醤油との相性の良さが抜群です。ぜひ、味わってみてください。



平成19年11月2日に地域団体商標として登録されました(登録番号第5088770号)。
 

もっと「長門」を知ろう

山口県長門市は、日本海に面した風光明媚なところです。一度訪れると、長門市の景色や歴史・文化に魅了され、

移り住む方も少なくありません。是非足を運ばれて、長門市の魅力を堪能してください。

歴史・文化を知る   温泉を知る 自然を知る 食を知る
ご予約・お問い合わせ先 0837-22-8404


Copyright(C)北長門旅情All Rights Reserved.

旅行企画・実施 山口県知事登録旅行業第3-119号(社)全国旅行業協会正会員
  一般社団法人長門市観光コンベンション協会
〒759-4101 山口県長門市東深川1324番地1 tel.0837-22-8404 fax.0837-22-8409 メール.info@kandoutaiken.com
総合旅行業務取扱管理者 平山 公明